・ MTガードの考案は、H22年に放映されたTBSテレビの番組を見たのがきっかけです。

・ このテレビ番組は
"みのもんたの"朝ズバッ!"TBSという有名な番組です。

・ この番組の中で、下村健一氏のニュースキャスターの"視点"というコーナがあり、鉄道のプラットホームで起きた


  転落事故の際に、線路に降りて命がけで助けたというニュースの解説がありました。

・ 下村キャスターの解説では、

   (1) 命がけで助けた人は勿論素晴らしい事をしたが、問題は、簡単に転落してしまう構造となっているホームにある。


    (2) プラットホームの転落事故防止には、腰までの高さのホーム柵、または、天井までの高さのホームドアが

     有効であるが、色々な問題があり、設置を進めることが非常に困難である。

   (3) 主な問題は、

       ・ ホーム柵の開閉ドアの位置が固定であるために、このドアの位置に合うように、電車を停車させる

         必要があり、異なるドアの位置の電車が停車するホームでは、ホーム柵等の開閉ドアの位置に合うように、

         電車を交換する必要があり、電車の交換は困難で、また非常に高価となる。

       ・ ホーム柵等を取り付けるホーム床スペースが狭い既存の駅等では、取付が困難である。

   (4) これらの問題により、ホーム柵等の取付が進んでいないのが実情である。

   (5) 鉄道関係者は事故防止に一生懸命努力しているが、現状ではこれらの問題に対する適当な解決策が無いので、

     ホーム柵等の取付を早急に展開することが出来ない、どうしようもないというのが実情、との説明でした。

・ この解説を聞いて、

  『これらの問題を解決する新方式のホーム柵を考案出来れば、ホームの転落事故防止ができるではないか』

  『素人の方が、斬新なアイデアで新方式のホーム柵を考案できるのではないか』

  と考えて、新方式のホーム柵を考案しました。


トップ MTガード
とは 
MTガードの特徴 説明写真 国内特許と、
海外特許 
 MTガードを考案した経緯 発明者のプロフィール   お問い合わせ


メール アイコン
お問い合わせ、ご意見等をお待ちしています。